ベーシストの独り言

Menu

岸徹至 Contrabass,Electric bass,Tuba,French horn,

プロフィール

名前:岸徹至(キシテツユキ)

出身地:埼玉県所沢市

誕生日:1976年2月20日

血液型:O型

趣味:登山、スキー、自転車旅、ソロキャンプ、写真撮影、動画編集


12歳からフレンチホルンを吹き始める。

高校入学と同時に新日本フィルハーモニー交響楽団・井手詩朗氏にフレンチホルンの指導を受ける。同時にロックにも興味を持ち始め、独学でエレキベースを始める。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽科ホルン専攻入学。

この頃から徐々にジャズに興味を持ち始める。入学直後、洗足学園にジャズを専門に扱うコースが新設されることを知り、洗足学園音楽科ジャズ専攻に入学。納浩一氏に師事、ウッドベースを始める。

卒業後すぐにシンガーソングライターの山本達彦のツアーに参加。プロとしての活動を始める。ジャズコンテストでは2000年度浅草ジャズコンテスト金賞受賞、2001年度横浜ジャズプロムナードコンペティションのグランプリを受賞。


ジャズのライブハウスでの演奏、ミュージカルでの演奏、レコーディング等の演奏活動を行いつつ自身のバンド“strandbeest” “ふたりオケ”の活動を行う。

中村真、平田フミト、佐山雅弘、守屋純子、宇関陽一、庵原良司、則竹裕之、多田誠司、宮地傑、三木俊夫、天野丘、jammin`Zeb、山本達彦、中島啓江、秋川雅史、SILVA他、多くのミュージシャンと共演、薫陶を受ける。


2007年からは「ペテン師と詐欺師」「ミス・サイゴン」「ジェーン・エア」「パイレートクイーン」「キャンディード」「ライオンキング」「レ・ミゼラブル」といったミュージカルでも演奏を始める。2015年の「スパマロット」2017年の「戸惑いの惑星」ではチューバの持ち代えにもチャレンジした。

2009年には自身初となる「ソロベースコンサート」を開催。好評を博す。10年目となった2019年にはソロベースのCD


〝10 Pieces for solo bass

〜ソロベースの為の10の小品〜〟

(こちらで購入可能 https://shijukara.thebase.in/ )

を発売。決してジャンルにとらわれる事無くエレキベースとウッドベースを最大限に活用した幅広い音楽活動を目指して現在も精進中。


〜参加ミュージカル一覧〜

2006年 「ペテン師と詐欺師」

2008年 「ペテン師と詐欺師」再演

2008年 「ミス・サイゴン」

2009年 「ミス・サイゴン」博多座

2009年 「ジェーン・エア」

2009年 「パイレート・クイーン」

2010年 「キャンディード」

2010年 「ライオンキング」(途中参加、2011年まで)

2011年 「チェーホフ?!」

2011年 「ドラキュラ」

2011年 「ピアフ」

2011年 「GOLD 〜カミーユとロダン〜」

2012年 「JEKYLL&HYDE」

2012年 「ミス・サイゴン」

2012年 「ジェーン・エア」再演

2013年 「シラノ」

2013年 「Les Misérables」

2013年 「ドラキュラ」再演

2013年 「モンテクリスト伯」

2014年 「Love Never Dies」

2014年 「Celebration 100! Takarazuka」

2014年 「ミス・サイゴン」

2014年 「Singin` in the Rain」

2015年 「モンティパイソンのSPAMALOT」

2015年 「Les Misérables」

2015年 「FEMALE vol.12」 (安寿ミラダンスコラボレーション)

2015年 「Super Gift!」

2016年 「Ernest in Love」

2016年 「エドウィンドルードの謎」

2016年 「キンキーブーツ」

2016年 「ミス・サイゴン」

2017年 「戸惑いの惑星」

2017年 「Singin` in the Rain」再演

2017年 「Les Misérables」

2017年 「ヤングフランケンシュタイン」

2017年 「4Stars」

2018年 「Mary Poppins」

2018年 「City of Angels」

2018年 「Something Rotten!」

2019年 「Love Never Dies」再演

2019年 「キンキーブーツ」再演

2019年 「トップイヤーズ」(高汐巴)

2019年 「ペテン師と詐欺師」(福田雄一演出)